About

Design as R&D

地球規模で起こる自然災害や環境問題、コンピューターの遍在化による人と技術と社会を取り巻く関係性の変化など、社会の複雑化とともに、「厄介な問題」が生活の彼方此方に発露しています。こうした問題に対して、生活者、企業、社会の複層的なレベルで様々なかたちの「デザイン」が立ち上がっています。

こうした背景のもと、デザインはもはや個別の製品・サービスの開発の為に行われる短期的な行為でも、利潤を追求する為だけに行われるものでもなくなりました。能動的でクリエイティブな生活者、事業の永続的な価値創出を行う企業、様々なアクターを吸収できる社会、こうした「望ましい未来」の形を思考/試行し、それを支援することがデザインになりつつあります。

それは、「望ましい未来」の思索であり、「厄介な問題」に対処する術を編み出す実践であり、社会の進化と地球の持続に影響を及ぼす日々の営みと言えます。

わたしたちIDLはこのデザイン的営為を、企業が自らの永続的な価値創出の為に行うR&D(研究開発)に擬えたうえで、それを個人や社会レベルに拡張した未来志向のコンセプト、「Design as R&D (DRD)」を提示します。

企業の個別の製品・サービスのデザインのみならず、個人や社会の未来の為に重要に扱うべきテーマの探索から始まり、新しい「意味」のデザインを経て、「望ましい未来」の実現を継続的かつ包括的に支援します。

Making & Meaning

思考するための道具を作り、その道具を用いた思考を繰り返し、不確かな対象に輪郭を与えます。

Be a Troublemaker

今ここにある「当たり前」を批評し、まだどこにもない「望ましい未来」の探究を通し、世に論点を投げかけます。

A Design Collective for Sustainable Futures

IDLは生活者を取り巻くサービス、プロダクト、そして私たちの生活から切り離せないソーシャルイシューに対して、デザインの力で対処していくデザインコレクティブです。様々なバックグランドを持つ、ストラテジスト、デザイナー、デザインエンジニアが集まり、パートナーや企業、コミュニティーと自律的な関係を築きながら、重要に扱うべきイシューの探索を拠り所に、「望ましい未来」の姿を描いていきます。

idl-design-collective

IDLists

Design Strategist

Ai Kameyama

Designer

Ann Onodera

Design Strategist

Hideyuki Endo

Design Strategist

Hiromichi Sakai

Design Strategist

Kasumi Yamashita

Designer

Kazunori Kikuishi

Contents Designer

Kano Gozatani

Design Director

Kazzmasa Tsujimura

Design Researcher

Kosei Kawahara

Design Strategist

Kosuke Shirai

Administrator

Noriko Umegaki

Creative Fellow / Designer

Noriyuki Kitsugi

Designer

Satoko Yamagishi

Designer

Satsuki Hiraoka

Design Strategist

Shinya Shirakashi

Sound Designer

Shun Takatsuka

Design Engineer

Shunsuke Abe

Design Engineer

Yael Bendit

Design Strategist / Design Manager

Yuichi Inobori

Designer

Yuki Iwasaki

Design Strategist

Yoh Nosaka